スーツケースの大きさの選び方!サイズではなく容量で決める

最近、スーツケースを購入したものの思ったより大きかった、小さかったというお声をいただくことがございます。

衣服などと違い、スーツケースは体にピッタリ合わせる必要が無いため、比較的通販購入に向いている商品ではございます。

しかし、それなりの大きさの商品になりますので、大きさをよく確認してからご購入いただかないと、思っていたサイズと違うということになりかねません。

本日は、スーツケースの大きさやサイズや容量を選ぶ際の基準と、購入前にチェックするべきことを解説いたします。

スーツケースの大きさはサイズではなく容量で選ぶ

スーツケースは縦横比率によって容量が変わるという記事でも解説いたしましたが、スーツケースの大きさは単純に縦横幅のサイズで決まるものではございません。

肝心なのは中にどれだけの荷物を積めることができるのかという点です。この収納できる荷物の量が、スーツケースの容量です。

単位はリットルで、ゴミ袋に記載されている容量と同じものです。冷蔵庫などの収納力もリットルで表されます。

この容量でスーツケースの大きさを選ぶ必要がございます。一見サイズが小さく見えても、意外と容量の大きいスーツケース、逆に大きく見えても容量が小さくあまり収納できないスーツケースもございます。

スーツケースに付いているタグには必ず容量が記載されていますのでよく確認して下さい。ネットショップで購入する際は、必ず商品ページに容量が記載されております。

きれいな使用前のゴミ袋に衣服などを詰めてみて、この程度の容量ならこのくらい収納できるという感覚を掴みましょう。

あとは、持っていく荷物の量と、スーツケースの容量との兼ね合いになります。

容量を選ぶ一般的な基準とは

「どの程度の大きさのスーツケースを購入すればいいのですか?」というご質問は、最も多くいただくご質問のうちの一つではございますが、なかなかお答えするのが難しいご質問でもあります。

ある程度の一般的な基準というものはございますが、人によってお荷物の量は大きく異なるため、一概には言い切れないのです。

初めての海外なのであれもこれもと過剰に持って行ってしまう人、旅慣れていて最低限の荷物だけを持っていく人、本当に人それぞれです。

また渡航先や、季節によっても荷物の量は大きく変わります。

あくまで、ご自身できれいなゴミ袋に詰めてみるなどして、必要な荷物の容量を見極める必要があります。

一般的な基準としては、1日あたり10リットルという基準がございます。つまり、5日間の渡航であれば50リットルのスーツケース、7日間の渡航であれば70リットルのスーツケースということになります。これはお一人分のお荷物です。※スーツケースは、お子様を除いて、一人一つが原則です。

ただ、預けられるサイズには限界がございますので、10日以上などの長期の場合は、通常料金で預けられる限界サイズの100リットル程度のものを使うのが一般的です。

もっとも、大きければ良いというものでもなく、70リットル程度までのものが一番扱い易いのも事実です。100リットル前後になると、相当大きく移動の負担になる可能性がございます。

人によって必要な容量は全く異なりますが、一つの参考基準として1日10リットルというのは使えると思います。

逆にこの量を超えるようですと、一般的な基準よりも持ち物の量が過剰であるという目安にもなります。

縦横幅の中で縦の大きさには注意しましょう

ここまで、スーツケースの大きさはサイズではなく容量を見て選ぶという話をしてきましたが、サイズも全く無視して良いものというわけではございません。

特に小柄な方ですと、大きいスーツケースは移動の負担になることがございます。

平地の移動はキャスターが付いているため楽ですが、移動の中には段差や階段など、意外とキャスターに頼れない場所が多いのです。

あまりに大きいスーツケースを購入して、パンパンに荷物を詰め込むと相当な重さになってしまいます。

大きいスーツケースを購入すると、ついあれもこれもと詰めてしまいがちになりますので、余計重くなってしまう恐れがございます。

また、縦横幅の内、一番長い縦の長さは確認しておく必要がございます。キャスターを下にして押したり引っ張ったりする時、あまりにも高さがあるスーツケースですと小柄な方には合わない可能性がございます。

スーツケースは大きなものですので、100リットル前後の最大サイズの物を購入すると、高さが80センチ程度になるものもございます。

使う方の体格によっては、上部の高さが腰よりも上にきてしまい、ハンドルを掴んで引っ張るのが困難になる恐れがございます。

特に女性やお子様の小柄な方は、縦の大きさには注意を払う必要がございます。

メジャーで高さを確認してから購入することをお勧めいたします。

購入前に最低限確認しておきたいことは

量販店や町の鞄屋などで購入する場合は目で見て購入できるので心配はございませんが、最近は安く気軽に手に入るネット通販で購入する方が大変多くなっております。

ネット通販で購入する場合は、目で見て大きさの確認を行うことができませんので、予めしっかり確認しておく必要がございます。

まず、大きさを選ぶ基準となる容量は、未使用のきれいなゴミ袋に実際の衣類を入れてみて、ご自身に必要な容量を見極める必要がございます。

良く分からない場合は、ひとつの基準として、1日あたり10リットルの基準を参考にして頂いてもよろしいかもしれません。

必要容量が決まったら、購入しようとしているモデルの中から一番近い容量の大きさを選び、サイズと比較しながら最適な大きさのスーツケースを選びましょう。

縦の長さをメジャーで自分の体にあててみて、自分の体のどの辺りまで高さがくるのかをしっかり把握しておきましょう。

「いいね」にご協力お願い致します!

当店の旅行かばん人気ランキング

エミネントプロ
世界的メーカーのエミネント社の製品で、プロユースモデルです。1万円台ながら2,3万円の一流メーカー品と変わらない性能で、抜群のコスパ!迷ったらこれを選べば間違なし!

HPキャリー
高性能ポリカ100%の頑丈なボディに、医療用ストレッチャーの技術を採用した超高性能サイレントキャスターを搭載で異次元の快適走行!超高性能のハイグレードモデル!

SKY ROVER AN
ファスナータイプのハードケースで価格重視モデルです。高価な大手メーカー品と比べると、さすがにやや見劣りしますが、激安品の中では大変立派な性能です。激安重視ならこれ!

こんな記事もよく読まれています