特大スーツケースのメリット・デメリットについて

「特大サイズのスーツケースの購入を考えていますが、貴社で取り扱っている一番大きなスーツケースはどちらになりますか?また特大スーツケースにデメリットなどはありますか?」

本日も頂いたご質問にお応えいたします。大きなスーツケースのご購入をお考えということですね。

特大スーツケースは、当店でもご購入を希望される方が多く、70~80リットル程度の大型スーツケースに次いで、90リットル以上の特大サイズのスーツケースが売れ筋になっております。

大は小を兼ねるということで、特大のスーツケースを購入される方が多いようですが、特大スーツケースにはそれなりのデメリットもございますので、良くご検討いただいたほうがよろしいかもしれません。

本日は、特大スーツケースのメリット・デメリットについて解説いたします。

最適なスーツケースのサイズとは

スーツケースの大きさに関するご質問は度々頂きますが、必要なサイズ・最適なサイズというのは、使う方や行き先や渡航期間によって全く異なってきます。

条件をお知らせいただいてご質問いただければ、その都度お答えいたしますが、一般的に大人一人分のお荷物ですと「渡航日数×10リットル」が目安になるといわれております。

つまり、渡航期間が7日間であれば70リットルの容量のスーツケースが最適ということです。

ただ、7日間の渡航でも40リットル程度の機内持ち込みサイズで出かける方もいらっしゃいますし、逆に100リットル程度の特大サイズのスーツケースの方もいらっしゃいます。

あくまで目安であり、必要な容量は人によって大きく異なるということですね。

それぞれの渡航日数は分かりませんが、当店での売れ筋は、概ね70リットルから100リットル程度と、比較的大型のスーツケースになっております。

街や空港で見るスーツケースも70リットル以上のものが多いように感じますので、日本人は比較的大きいスーツケースを好むようです。

一般的にメーカーのラインナップとして用意されているサイズとしては、30リットル~100リットルあたりになります。

30~40リットル程度のスーツケースは国際線機内持ち込みサイズあたりになりますので、かなり小さく短期の渡航向けになります。旅慣れた方ですとある程度の長期でもコンパクトに荷物をまとめて40リットル程度でお出かけになる方もいらっしゃいます。

40~60リットル程度の大きさは一番中途半端なのか、全体的に一番売れていないサイズ帯になります。機内持ち込みは出来ないものの、それほど大きくはないということで、使い勝手が悪いのかもしれません。

60~80リットル程度のスーツケースは一番の売れ筋で、街中で見る一番よくあるサイズは70リットル前後の大型(もしくはLサイズ)スーツケースです。1週間前後に最適な容量ということで、キリがよく一番売れ筋なのかもしれません。

多くの航空会社のエコノミークラスで無料で預けられる最大サイズは「3辺の和が157センチまで」となっておりますが、このサイズを満たすスーツケースで最も容量が大きいのは100リットル前後になります。

大体90リットル~100リットル程度のスーツケースが特大サイズと呼ばれているサイズで、根強い人気があります。

大きくて困ることはないだろうということで、迷ったら一番大きい特大サイズを購入するという方がいらっしゃるようですが、特大サイズには特大サイズのデメリットもございますので、ご購入前に一度お考えくださいませ。

特大サイズのスーツケースのデメリット

特大サイズのスーツケースのメリットは、何といっても沢山入ることで、これ以上のメリットはありません。短期から長期の旅行まで使えるということで、迷ったら大きい物を買っておくという方も多いようです。

しかし、特大サイズのスーツケースには大きなデメリットも有るということを覚えておく必要がございます。

最大のデメリットは、大きくて邪魔になるということです。100リットル前後入る特大サイズのスーツケースは予想以上に大きく、いざ届いてからウワッとなる方も多いようです。

体の大きな方なら問題無いですが、小柄な方が使うにはやはり大きすぎるサイズであると思います。特に混雑した電車などでの移動の際には、かなり邪魔になるサイズであるということは覚悟しておく必要があります。

また、キャスターで転がす時は問題ありませんが、階段や段差など意外と取っ手を持って移動するシーンは多く、大きなスーツケースに荷物を詰めるとかなりの重さになりますので、大きな負担になる可能性がございます。

長い旅行、慣れない国で、大きな荷物を抱えると、予想以上に大きな負担になる可能性がございます。少し小さめのスーツケースを購入して、本当に必要な物だけを持っていくほうが得策です。

100リットル近い特大スーツケースは、本当に思ったよりも大きいものですので、よく考えてからご購入をご検討くださいませ。

大きい物ほど壊れやすい

特大スーツケースの最大のデメリットが、壊れやすいということです。これは意外と見落としがちなことですが、大きなサイズのほうが明らかに壊れやすいのは事実です。

スーツケースは同一モデルで3,4サイズが用意されているのが一般的です。一部モデルを除いて、全サイズ共通のパーツを使っているため、大きいサイズほど大きな負担がかかります。

最近のパーツは非常に強いので、滅多なことでは壊れませんが、問題なのはボディを形作るポリカーボネートの板の強度です。

最近はどのサイズでも同じ厚さの板を使っているため、当然大きいサイズのほうが、曲がったり割れたりする可能性が高くなります。

これ以上に問題なのが、大きいスーツケースを購入すると、まだ入るまだ入ると、あれもこれもとどんどん詰めてしまう点にあります。余裕がなければ入れなかったものも、隙間があれば念のため持って行こうとなってしまうのが人の性です。

余計なものを詰めれば詰めるほど重くなります。そして重くなれば重くなるほど、スーツケースが破損する可能性が高まるのです。荷物も含めたスーツケースの重量というのは極めて重要で、重いほど明らかに破損確率が高まります。

エコノミークラスで無料で預けられる重量は、スーツケース本体の重量も含めて20キロ程度ですが、この重さを大きく上回れば破損確率は飛躍的に高まります。

スーツケースには設計上耐えられる重量というものがございますので、詰めすぎて重くなることはできるだけ避けることが望ましいのです。

そのためにも大きすぎるサイズは避けることが望まれます。スペースに余裕がなければ、無駄を省こうとして、余計なものを持っていく恐れがなくなります。

少し小さめのスーツケースを選んで、本当に必要な物のみを選別して持っていくのが旅の上級者です。本当に特大サイズのスーツケースが必要なのかよく検討してみてはいかがでしょうか。

家族で一つの特大スーツケースを使うのもあまりお勧めできません。
詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

この記事が少しでもお役に立てましたら「いいね」にご協力お願い致します!

当店のカバン総合人気ランキング

エミネントプロ
世界的メーカーのエミネント社の製品で、プロユースも念頭に入れたスペシャルモデルです。一般的なメーカー製としてはお手頃な値段ですが、性能的にも必要十分で素晴らしいコストパフォーマンスです。軽量で頑丈なポリカーボネート100%のボディは汚れ難いエンボス加工で、お値段以上の高級感!

トラベリスト HPキャリー
トラベリストブランドの商品です。高性能ポリカ100%の頑丈なボディに、医療用ストレッチャーの技術を採用した超高性能サイレントキャスターを搭載した、上級モデル。高性能キャスターで異次元の快適走行!

キャビンプロ
EMINENTの機内持ち込みモデルです。LCCなどを除く大手航空会社の国際線の機内に持ち込むことができるギリギリのサイズに作られていて、機内持ち込みサイズにもかかわらず40リットルの大容量を確保しております。