スーツケースの大きさの選び方

スーツケースは、さまざまなサイズのモデルが用意されております。
使われる方によって選び方はまちまちで、とにかくたくさん持って行きたいので特大のものを選ぶ方や、快適に移動するために最小限の大きさを選ぶ方もいらっしゃいます。

一般的に、旅の上級者ほど少ない荷物にとどめ、小さなスーツケースを選択する傾向にあります。
あれもこれも持っていくよりも、必要な物のみを選別し、荷物は小さいほうが快適です。

旅行カバンのサイズの選び方

お荷物の量は人によってまちまちですので、なかなか基準を申し上げるのは難しいのですが、一般的には大人一人分のお荷物ですと渡航1日あたり10リットルの容量が目安とされております。

すなわち、3泊4日の短期の海外旅行の場合は40リットル前後、6泊7日の場合は70リットルといった具合です。

市販されている最大サイズは100リットル前後になりますので、10日以上の渡航の場合は最大でも100リットル前後のサイズということになります。

あくまで目安になりますので、長期の渡航でも40リットル前後の機内持ち込みサイズで出かける旅の上級者もいらっしゃいますし、おみやげを沢山購入するからと5日程度の旅行でも100リットル以上の特大サイズを選ぶ方もいらっしゃいます。

かばん店の店長としては、100リットル近い特大サイズのものはあまりに大きく重くなるので移動の負担になることと、大きければ大きいほど破損する確率が高いことなどを考え、特大サイズはあまりおすすめしておりません。

なるべく荷物の方をコンパクトに纏めるようにして、長期の渡航であっても70リットル前後のサイズに抑えることをおすすめしております。世間で一番売れているのも70リットル前後の、Lサイズや大型スーツケースと呼ばれているサイズです。当然当店でも一番の売れ筋サイズになっております。

また、家族で海外旅行する場合などは、どのように容量やサイズを決めれば良いのでしょうかというご質問もよくいただきますが、詳しくは以下の記事をご覧くださいませ。

大きなスーツケースを購入して家族の分の荷物をひとまとめにしようとする方は意外と多いようですが、基本的には一人一つが旅行かばんの基本です。 その理由は後で詳しく解説いたしますが、お子様を除けば一人1本のスーツケースを持っていくのが基本になります。
www.japan-suitcase.net

大きさのイメージが湧かないのですが

ネット通販でスーツケースを選ぶ際には、なかなか実物のイメージが湧きにくいものです。

当店では、ほとんどのモデルで、男性女性の平均身長前後のシルエットとスーツケースの比較図を掲載しておりますので、そちらをご参照くださいませ。

また、中につめられる荷物の量は、リットルの単位で表記されておりますので、ご参照くださいませ。ゴミ袋の容量のリットルと同じです。

購入前に実際に持っていく荷物を想定して、新品のゴミ袋に入れてみて何リットル必要なのかシミュレーションしてみると確実です。ただ、メーカーの公表している容量は細かい数値がいい加減なところがありますので、あくまで目安として大体このくらいだという程度の数値として見てください。

飛行機の搭乗時に航空会社に預けられるサイズ

航空機に搭乗する際に預けられる荷物のサイズには制限があります。航空会社間や国内線国際線によって規定は異なりますが、おおよそ3辺の長さの合計が157センチ以内程度が目安になります。この規定を超えると、サイズオーバーで超過料金が発生いたしますので、注意が必要です。

ただし、厳密に量られる重量と違って、サイズはそれほど厳しく測られないため、ある程度のオーバーでしたら気にする必要はありません。

また、当店のサイズの表記は、メーカー公表値となっております。メーカーによってキャスターの高さなどを入れた値かそうでないかなど、条件に若干の違いがございます。
ボディサイズという表記は、キャスターなどの出っ張りを含めないボディの箱のみのサイズです。総サイズという表記は出っ張り部分も含めたサイズです。

総サイズすなわち出っ張りも含めたサイズが157センチ以内である必要がございます。

機内に持ち込めるサイズとは

手荷物として機内に持ち込めるサイズは、おおよそ3辺の長さの合計が115センチ以内程度が目安になります。大手航空会社の国際線の機内持ち込みはほとんどが115センチ以内です。

ただ、国内線の座席数100席以内の小型機ですと、3辺の長さの合計が100センチ以内という航空会社が多いので注意が必要です。

またLCCなどの格安航空の場合は更に制限が厳しく、 「幅56cm×高さ36cm×奥行23cm以内」などのように各辺の長さが厳しく決まっております。

したがって、LCCや小型機の機内に持ち込めるサイズはかなり限られることになります。

「いいね」にご協力お願い致します!

当店の人気ランキング

エミネント Pro
世界的メーカーのエミネント社の製品です。こちらの製品はプロユースも念頭に入れたスペシャルモデルで、一般的なメーカー製としてはお手頃な値段ですが、性能的にも必要十分で素晴らしいコストパフォーマンスです。軽量で頑丈なポリカーボネート100%のボディは汚れ難いエンボス加工で、お値段以上の高級感が漂います。ダブルキャスター採用で安定した走行を実現。

トラストフレーム
トラベリストブランドの商品です。メーカー製にもかかわらず1万円台とお値打ちです。性能的にも必要十分で素晴らしいコストパフォーマンスです。ボディは軽量で頑丈なポリカーボネート100%です。ダブルキャスター採用で安定した走行を実現。

リンク
EMINENTの軽量モデルです。有名メーカー製にもかかわらず1万円台とお値打ちです。性能的にも必要十分で、これ以上高いものである必要性をあまり感じません。破損も多い旅行カバンですので、このあたりの値段帯がコストパフォーマンス最高です。

>>人気ランキングの続き&店長おすすめモデル