防犯のフレームか?軽量で安いファスナーか?スーツケースのおすすめタイプ

スーツケースのボディは、固い樹脂でできたハードケースと、柔らかい布で出来たソフトケースがあることはこちらのページで解説いたしました。

ソフトケースはファスナーで開け締めする構造になっておりますが、樹脂でできたハードケースは、ソフトケース同様にファスナーで開け締めするファスナータイプのハードケースに加えて、金属のフレームが通っていてフレーム同士が噛み合うことで開け閉めするフレームタイプのハードケースがあります。

現在ではソフトケースはあまり主流ではなく、お店にキャリーバッグを買いに行ってもハードケースばかりが並んでいますので、必然的にハードを購入することになるかと思います。どうしてもソフトを望む方はソフトを探してみるのも良いかと思いますが、なかなか商品の選択肢も多くはありませんので、現実的な選択肢としてハードを選ぶことになります。

そのため、ハードケースを購入することになる多くの方にとって、ファスナーにするのかフレームにするのかということは、非常に重要になってきます。それぞれメリット・デメリットがございますので、自分の想定する用途に合わせて正しくお選びいただく必要がございます。

フレームの特徴

ハードケース(フレーム)の場合は、ボディ自体は樹脂でできておりますが、真ん中に1周グルっと金属のフレームが通っております。このフレーム部分で真ん中から2つに割れて開く仕組みになっております。

固く頑強な金属フレームが通っていますので、スーツケース全体が固くカッチリした出来になっております。同じポリカーボネート樹脂のボディであるファスナータイプの商品と比較しても、フレームに固定されている分ボディの樹脂も張っていて硬い触り心地になっています。

ただ、押した感じが硬いからといってファスナータイプよりも頑丈なわけではなく、強度は同じです。破損率はフレームタイプもファスナータイプも実はあまり変わりません。
※強度が同じというのはフレームとファスナーのタイプ間の差であり、メーカーやモデルのグレードに依っては大きな差がございます。

一見頑丈そうに見えるフレームも、しっかりしたものを選ばないと簡単に歪んでしまうのです。フレームが弱いと簡単にゆがんで、スーツケースが閉まらなくなってしまいます。

頑丈なフレームはリブ(フレームの溝)が深い、深溝フレームです。溝が浅くても結構頑丈なフレームもございますが、そういったものはそもそもフレーム自体の質量が大きいもので、結構重いものになります。軽量で頑丈なのは深溝のフレームです。

手で押してみて簡単にたわんだりしないか確かめて、簡単に曲がってしまいそうなものは避けるほうが無難です。細フレームを謳っているものはおすすめできません。ちょっとした衝撃で歪んでしまいます。


溝の浅いフレーム


溝の深いフレーム

ファスナーの特徴

ファスナータイプは、ボディの左右をフレームの代わりにファスナーで繋いでいるタイプのスーツケースです。

最大の特徴は軽量性で、金属のフレームの代わりに1周のラウンドファスナーを使っているわけですからその差は歴然です。フレームタイプでもファスナータイプに勝るほどの軽量モデルもございますが、そういったものはボディの厚みなどその他の部分にしわ寄せがいっておりますので、結局軽量性ではファスナーには勝てないのです。

一方のデメリットとしては、硬いフレームに比べると弱そう、壊れやすいなどのイメージを持つ方が多いようです。ただ、これは完全な誤りで、実は強度に関してはそれほど変わりません。

ファスナーは樹脂のボディ部分がフニャフニャペコペコしていますが、これは金属フレームに固定されて張っていないからであり、極めて薄いポリカーボネート樹脂でできたボディは元々このくらいの柔軟性がございます。

質の悪いファスナーを使ったノーブランドの安い商品などは、ファスナー部分が破けてしまうようなことも起こり得ますが、一定水準以上のメーカーの製品であればファスナーは意外と頑丈です。

ただ1点、ファスナーがどうしてもフレームに勝てない点は防犯性です。いくら頑丈で投げられたくらいでは滅多に破損しないファスナーでも、カッターなどで簡単に切り裂くことは出来てしまいます。つまり防犯性に関しては明らかにフレームタイプよりも劣っております。

フレームタイプも鍵は簡易的なもので、フレーム自体もバールなどでこじ開けられたり叩き壊されたりすればひとたまりもありませんが、犯行の手軽さが違うため相対的にファスナーのほうが狙われやすいのは明らかです。

ファスナー部分をこじ開けにくくしたセキュリティファスナーもありますが、ファスナーの脇を切り裂かれる恐れもあり完全ではございません。耐刃繊維で出来たものもあるようですが、実用的な価格では見たことがありません。

ファスナーの特徴と防犯性については、ファスナーのメリット・デメリットも合わせてご覧くださいませ。

ズバリおすすめなのは

フレームタイプとファスナータイプの特徴とメリット・デメリットを説明してまいりましたが、強度はタイプ間の差は大きくありませんので、好みの方を選べば問題ございません。

ただ、防犯性を考えると旅慣れていない方の海外旅行に関しては基本的にはフレームタイプをおすすめしております。カッチリしていて相対的に防犯性に優れるフレームタイプを選んでおくほうが無難な選択です。

ただし、軽量でなおかつフレームよりも安いファスナータイプも捨てがたいことも事実ではございます。海外での勝手に慣れた旅のベテランの方でしたら、ファスナーを選ぶのもおすすめです。

その他、常に手元にありセキュリティに神経質になる必要のない機内持ち込みサイズであれば、ファスナーでも全く問題ございません。
また、国内旅行で使う場合も海外ほど神経質になる必要はないでしょう。

「いいね」にご協力お願い致します!

当店のカバン総合人気ランキング

エミネントプロ
世界的メーカーのエミネント社の製品で、プロユースも念頭に入れたスペシャルモデルです。一般的なメーカー製としてはお手頃な値段ですが、性能的にも必要十分で素晴らしいコストパフォーマンスです。軽量で頑丈なポリカーボネート100%のボディは汚れ難いエンボス加工で、お値段以上の高級感!

トラベリスト HPキャリー
トラベリストブランドの商品です。高性能ポリカ100%の頑丈なボディに、医療用ストレッチャーの技術を採用した超高性能サイレントキャスターを搭載した、上級モデル。高性能キャスターで異次元の快適走行!

キャビンプロ
EMINENTの機内持ち込みモデルです。LCCなどを除く大手航空会社の国際線の機内に持ち込むことができるギリギリのサイズに作られていて、機内持ち込みサイズにもかかわらず40リットルの大容量を確保しております。