ファスナーのスーツケースのメリット・デメリットとは

本日もいただいたご質問にお答えいたします。

最近はファスナーのスーツケースが多いですが、ファスナーのスーツケースでも大丈夫なのでしょうか?というご質問です。

結論から申し上げれば、ファスナーのスーツケースでも全く問題ございません。

ファスナーのスーツケースは金属フレームのスーツケースよりも強度が不足していると思われている方が多いようですが、全くそのようなことはございません。

破損率はフレームもファスナーもほとんど変わりません。

ファスナーだフレームだという違いよりも、メーカーやモデル間の強度の違いのほうがはるかに重要です。

しっかりしたメーカーの製品であれば、ファスナーでも全く壊れやすいということはございません。

ファスナーモデルのメリット・デメリット

強度上の違いは殆ど無いことは既に述べたとおりですが、メリットとデメリットはどのような点にあるのでしょうか。

メリットしては、フレームのモデルよりも全体的にお値段が安めな点が大きいと思います。当然メーカーやモデルによって全く異なりますが、同じメーカーの同クラスのモデルであれば、一般的にはフレームよりもファスナーのほうが安価です。

実際メーカーの人に聞くと、この金属のフレームの部分のコストがかなり大きいようです。

その他のメリットとしては、フレームモデルよりも重量が軽量であることが挙げられます。

金属のフレームはそれなりの重量がありますので、この部分がファスナーになることは軽量化の上でかなり大きいようです。

こうしてみると、むしろファスナーモデルにメリットが集中しているように思えますが、思わぬ落とし穴もあります。

ファスナーモデルの最大の弱点は防犯性です。フレームより防犯性だけは劣ります。

ファスナー部分をナイフなどで簡単に切り裂くことができるため、空港などで中身を盗まれる被害に遭いやすいのです。

究極的にはフレームモデルでも、ドライバーなどをねじ込んで鍵の部分をこじ開けることもできますが、犯行のお手軽さが違います。

完全犯罪も可能にするファスナーモデルの落とし穴

ファスナー部分を切り裂かれる恐れが有ることは既に述べましたが、もっと恐ろしい手口があることも分かっています。

ボールペンなどを使って、簡単にファスナーを開け、また元のように戻すことで、盗まれたことにすらしばらく気付かない恐れもあります。

こういった南京錠でファスナー同士に鍵をかけるタイプのファスナースーツケースは非常に危険であると言えます。

必ず、本体にファスナーを固定するタイプの鍵のモデルを購入しましょう。

近年はセキュリティファスナー採用のスーツケースなどもございますので、なるべく安全なファスナのスーツケースがお勧めです。

恐ろしい犯行の手口は、こちらの動画でご覧くださいませ。


ボールペンをファスナーが噛み合っている谷の部分に押し当てて。


力を入れてぐぐぐっと押し込みます。


すると、ファスナーを貫通してしまいました。


後は、ぴーっと横に引っ張ればファスナーが開いていきます。


周りを一周、ぴーっと開いていきます。


この通り見事に開いてしまいました。


めぼしいものを盗んだら、後はファスナーで普通に閉じてしまえば、元通りです。

これでは盗まれたことすらしばらく気づかないかもしれません。

この記事が少しでもお役に立てましたら「いいね」にご協力お願い致します!

当店の人気ランキング

エミネント Pro
世界的メーカーのエミネント社の製品です。こちらの製品はプロユースも念頭に入れたスペシャルモデルで、一般的なメーカー製としてはお手頃な値段ですが、性能的にも必要十分で素晴らしいコストパフォーマンスです。軽量で頑丈なポリカーボネート100%のボディは汚れ難いエンボス加工で、お値段以上の高級感が漂います。ダブルキャスター採用で安定した走行を実現。

トラストフレーム
トラベリストブランドの商品です。メーカー製にもかかわらず1万円台とお値打ちです。性能的にも必要十分で素晴らしいコストパフォーマンスです。ボディは軽量で頑丈なポリカーボネート100%です。ダブルキャスター採用で安定した走行を実現。

リンク
EMINENTの軽量モデルです。有名メーカー製にもかかわらず1万円台とお値打ちです。性能的にも必要十分で、これ以上高いものである必要性をあまり感じません。破損も多い旅行カバンですので、このあたりの値段帯がコストパフォーマンス最高です。

>>人気ランキングの続き&店長おすすめモデル